loading

  • Seocho Central Law Office
  • Seocho Central Law Office
  • Seocho Central Law Office

韓国ソウル|弁護士事務所

  • 初回 無料相談

日本語対応が充実している韓国の弁護士事務所 Law Firm HyoSung

弊社は韓国で日本語対応が可能な弁護士事務所です。韓国で生活、ビジネスをする日本人が増加する一方で、トラブルが発生した際に、現地で法的な対応を可能とする専門機関は少ない現状です。

例えば韓国現地の企業と取引を行い、トラブルが生じた際など、現地で相談する機関など迷われる企業主様も多いのではないでしょうか。

そしてそういったご要望を抱かれる日本人、日本企業ご今後も増加する見込みです。
警察には対応されないこともあり、現地の司法機関では言葉の壁に苦労されることは目に見えています。

そんな時に、是非弊社をご活用ください。弊社のスタッフは日本語対応が可能で、日韓両国の法に基づいてアドバイスをさせていただくことが可能です。両国の法律は類似する点も多いですが、全く異なる点もあります。

一般国民が裁判過程に参与することができる国民裁判参与制度や民事事件と刑事事件を同時進行させる流れなどは、日本のそれとは異なり、トラブルによってはどのように事を運べば良いのかわからないケースも多いと思います。

そういったクライアント様のご不満やご不明点を解消して参ります。お気軽にご相談ください。

詳しく見る

日本語対応が充実している韓国の弁護士事務所 Law Firm HyoSung
日本語対応が充実している韓国の弁護士事務所 Law Firm HyoSung

民事関連・訴訟裁判

韓国で、日本人や日系企業が民事訴訟を起こすケースもあります。

離婚問題による親権や慰謝料について、対企業との金銭トラブル、肖像権や著作権の侵害など、今日も様々なトラブルが報告されている現状です。
民事訴訟に関する法律は日本と類似する点も多いものの異なる点もあります。例えば韓国では陪審員制度があります。

これは近年導入された制度で、国民から選ばれた一般人が裁判の審理に関与することができる制度です。ある日系企業が韓国企業と金銭トラブルになり、日本企業川が賠償金の請求を訴えたものの、陪審制によって韓国企業側が優位な立場になってしまい、逆に賠償金を請求されたというトラブルも近年ありました。

また、肖像権や著作権を巡る裁判でも、同じように訴えた日本側が陪審制によって、逆に不利な立場に追いやられてしまったケースもありました。このように、民事訴訟ひとつでも日本の法律とは異なる点があることを知っておかなければ痛い目を見てしまうこともあります。

法が取り扱われる現場で無知が災いすることがないよう、様々なケースを想定し、サポート致します。

詳しく見る

民事関連・訴訟裁判
民事関連・訴訟裁判

刑事関連、訴訟裁判

ある事件を民事訴訟と刑事訴訟で同時に行うことが出来る事が韓国と日本の法律の大きな違いでありますが、こと刑事事件には日本と類似している点も多く、被告人に判決が下され、検事のもと有罪と証明された場合に、刑が処されます。

事件は被害届が提出された場合や、告訴などで捜査機関側が犯罪の発生を認識した場合、刑事事件として手続きが開始されます。

また、被告人には弁護活動をする権利が保障されており、裁判を公平に行っていくうえで被告人の弁護は弁護士が行い、司法手続きが行われます。刑事訴訟法に関しては、近年取り調べの録画・録音が許可される「可視化」が導入されるなど、社会の変化や国民の声に頻繁に応じている印象ですが、やはり日本人である以上、韓国で不利な立場に立たされてしまうケースも少なくありません。

韓国現地でのトラブルに巻き込まれた際は、Law Firm HyoSungにご相談ください。トラブルの種類や状況によって、時代に適合したご対応をし、刑事訴訟問題のサポートを致します。

詳しく見る

刑事関連、訴訟裁判
刑事関連、訴訟裁判

日本人が刑事事件で拘束

韓国にて日本人が刑事事件で拘束される事例は時折報告されます。

近年は裁判官から逮捕状を待たずに拘束される、緊急逮捕も度々報告されます。現行犯、もしくは準現行犯がこれに相当しますが、その他にも大きな刑事事件が嫌疑されかつ逃亡の疑いが掛けられた場合、緊急逮捕する事ができるとされています。

ただ、このような緊急逮捕であっても弁解の場を設けなければならず、この時弁護士や代理人は、緊急逮捕に対する和解や異議申し立てを行うことが出来ます。

しかし、拘留される場合は、正式な令状が下されなければ、48時間以内に被疑者を解放しなければいけません。

日本でもこのような緊急逮捕の制度はあるものの、「誤認逮捕」と解釈されぬよう、緊急逮捕や拘留への嫌疑は十分な考察が必要とされる一方で、韓国のそれは通常逮捕との認識にさほど差がないといった解釈か見られます。

Law Firm HyoSungでは、身内が拘留、拘束された際のご相談など、随時対応しております。

詳しく見る

日本人が刑事事件で拘束
日本人が刑事事件で拘束

離婚関連、男女問題

韓国人と日本人が結婚するケースが増えてきた一方で、離婚する夫婦も年々増加しています。

浮気・不倫問題、暴力や金銭トラブル、また、お国柄の文化や風習の相違から発生するものなど離婚の種類も様々ですが、Law Firm HyoSungにもこれまで多くの夫婦トラブルのご相談が寄せられてきました。
離婚裁判が行われる場合、韓国では基本的に夫婦の居住区に基づいた法的手続きが施行されることになっています。

つまり、夫が韓国人、妻が日本人で韓国に住所がある場合、韓国の法のもとに手続きが進められます。陪審員制度や極端な偽証など、日本人が韓国で離婚裁判の当事者になった場合、不利な立場に追いやられてしまうことも少なくありません。

とくに感情論で押し通そうとする韓国人特有の偽証は厄介で、絶対的に優位だった立場が逆転に追いやられ、慰謝料支払いを銘じられ、親権を剥奪された事例もあります。そういった現場で公平に話を進める為にも、弊社がサポートして参ります。

詳しく見る

離婚関連、男女問題
離婚関連、男女問題

金銭トラブル・債権回収

離婚問題同様、韓国から頻繁に報告されるトラブルに、金銭トラブルがあります。

個人的に信頼していた韓国人の友人からお金の無心に遭い最終的に連絡が取れなくなってしまった、韓国人の恋人がお金目当てで接近しているのではないか、ネットで商品を購入したが届かない、もしくは粗悪な商品が届けられた、取引先から売上金を回収できない債権未回収問題など、トラブルは様々です。

こういった問題はよほど被害額が大きくなければ民事訴訟として扱われますが、実際に訴訟を起こしても手口が巧妙な詐欺事件などは必ずお金が戻ってくるわけでもなく、泣き寝入りしてしまっている日本人も多い現状です。

Law Firm HyoSungは韓国での金銭トラブルの現状を打破すべく、現地の日本人をサポート致します。ビジネス進出する日本の事業主や企業は今も増え続けており、金銭トラブルは今後も増えていくものと見ています。韓国現地の法律に基づいて、金銭トラブルを解決して参ります。

詳しく見る

金銭トラブル・債権回収
金銭トラブル・債権回収

企業様で韓国の弁護士をお探しなら

企業様で韓国の弁護士をお探しの際は、韓国で日本企業を専門に対応する事が可能なLaw Firm HyoSungまでお任せ下さい。

弊社はこれまでも数多くの日本企業への法務対応を行い、結果を残して参りました。ここ数年で、韓国に進出する日系企業は激増している情勢と比例し、トラブル、訴訟ごともそれと比例して増加しています。

金銭トラブルや対人トラブルなど、多くの企業間の問題は民事訴訟として取り扱われる事が多いですが、法律の内容は日本と異なる点も多くあります。
裁判の陪審制をとる韓国は国民が裁判に参与します。

最終的な判決を下すのは検察官であるものの、陪審員の意見が強く裁判に反映されることもあり、それによって絶対的有利だった原告側の日系企業が逆に賠償金を請求されてしまったという事例もあります。

韓国で行われる裁判では基本韓国の法律が適用されますが、そんな状況でも公平に進められるよう、サポートして参ります。お気軽にご相談下さい。

詳しく見る

企業様で韓国の弁護士をお探しなら
企業様で韓国の弁護士をお探しなら

その他、韓国での法務業務

これまでも日本語対応可能な弊社のスタッフが、金銭トラブルや離婚問題など民事訴訟から刑事訴訟まで、様々なトラブルに対応してきました。

近年では、結婚詐欺や商品売買、個人取引、通信販売などが関連した詐欺事件、また企業間のトラブルから発生する裁判沙汰なども報告され、日本の事業主様や会社様の法務対応に追われています。

また、知的財産や著作権、名誉毀損といったトラブルに対しての助言や対応策なども講じさせて頂いております。
日韓両国の交流密度は現在も深く進行していることはいうまでもありませんが、その過程でトラブルも増加し、弊社にもご相談が増え続けている現状であります。

日本とは法務上類似する点が多い国ではありますが、それでも細部で異なる点も多く、いざ裁判、法務手続きとなると無知が災いし、勝訴を逃してしまうシーンは幾度も過去に見受けられました。韓国での法務業務はLaw Firm HyoSungまでご相談ください。

詳しく見る

その他、韓国での法務業務
その他、韓国での法務業務

韓国、韓国人との問題は日本人対応のLaw Firm HyoSung

日本人、日本企業が韓国人と何かしらトラブルを起こした場合、対応可能な法務機関は韓国にもあります。

ただ、理想の展開に進展するのかと考えると、必ずしもそうでないケースに至ることもあります。
まず、言語の面の壁が大きいです。数ある法務機関の中でも日本語で対応可能な法律事務所はほぼ皆無と思われます。

弊社は日本語対応を可能とするスタッフを多く置くことで、言語の壁を取り払い、日本人クライアント様に安心してご利用頂ける環境を整えております。
もちろんスタッフは韓国で日本が関連した民事・刑事訴訟両方のトラブルを、数多く取り扱ってきたエキスパートです。

離婚問題、詐欺事件、金銭トラブルなど報告される件数は年々増加しており、現在も随時対応に追われている状況です。
この韓国という国で生活、ビジネスを送る日本人がより安心して生活できるよう、貢献して参ります。
韓国、韓国人との問題は日本人対応のLaw Firm HyoSungにお任せ下さい。

詳しく見る

韓国、韓国人との問題は日本人対応のLaw Firm HyoSung
韓国、韓国人との問題は日本人対応のLaw Firm HyoSung

Law Firm HyoSungお電話上の注意

Law Firm HyoSung、日本語ダイヤルについてこの番号は韓国の番号ではありません。日本からお掛けになる場合は、05055830277

をダイヤルして下さい。韓国からお電話される場合は、先に+81を押し、その後、5055830277をダイヤルし+815055830277
でお掛けください。くれぐれもお掛け間違えにご注意ください。

Law Firm HyoSungお電話上の注意
  • 韓国サイト
  • 中国サイト
  • 問い合わせ下 1
  • 日本語対応が充実している韓国ソウルの弁護士事務所
  • 韓国語サイト
上へ