loading

  • Seocho Central Law Office
  • Seocho Central Law Office
  • Seocho Central Law Office

債権回収

Seocho Central Law Office
  • 初回 無料相談

債権回収

取引先が再三の請求にも応じてくれないケースや、未回収のまま先延ばしにされてしまうケース、連絡が取れなくなってしまうケースなど、様々な場面で債権回収トラブルが発生しております。

そんな問題にLaw Firm HyoSungが対応致します。これまでも数多くの債権回収トラブルに対応し、成果に繋げて参りました。

状況によって相手方にどのような対応をするかは異なりますが、その場に適した対応法を提案致します。
あまりにも強情に応じられないようであれば、訴訟や強制執行を行うことで債権を取り返した事例もあります。

債権回収
債権回収

当事者同士の話し合いではまとまらないケースも

債権回収がまとまらないケースでは、大抵の場合債務者と債権者との話し合いがまとまっておらず、その為、交渉が長引いてしまっていることが多いです。

相手に支払いの意思があっても、無理な取り立てやしつこい請求が相手を逆上させてしまい、回収できるチャンスを逃してしまった事例もあります。

とくに韓国人は逆上しやすい為、必要以上に煽ることは危険です。韓国での債権回収業務に対応している当事務所は、対象の人間性なども理解した上での交渉業務を行い、話を円滑にとりまとめていきます。

当事者同士の話し合いではまとまらないケースも
当事者同士の話し合いではまとまらないケースも

法的効果で債務者へのプレッシャー

債務者が話し合いに応じない、請求を先延ばしにし続ける場合など、債権者が見くびられている可能性もあります。

その為、「法的処置をする」と申告するだけでも回収に繋がる確率が高まります。

それでも応じなければ、弁護士からの通知、通達を行うことで間違いなくプレッシャーを与えることができます。
今まで諦めていた方も、是非一度ご相談ください。当事務所の経験と交渉力で、個人、企業問わず話しを進めていきます。

法的効果で債務者へのプレッシャー
法的効果で債務者へのプレッシャー
  • 韓国サイト
  • 中国サイト
  • 問い合わせ下 1
  • 日本語対応が充実している韓国ソウルの弁護士事務所
  • 韓国語サイト
上へ